早期発見で根治しよう|もしもの場合に備えて人口透析が受けれる病院を探しておこう

もしもの場合に備えて人口透析が受けれる病院を探しておこう

早期発見で根治しよう

男性

まれで気付きにくいがん

十二指腸は胃と小腸をつなぐ消化管である。十二指腸がんはこの十二指腸にできるがんであるが、発生する率としては非常にまれながんである。多くは良性の腫瘍からがん化するものと考えられており、中には遺伝性のものもあるとされている。症状としては、早期においては痛みなどは感じにくく、進行してから吐き気や腹痛、体重減少や貧血などが発生する。さらに進行すると黄疸が発生する。ただし、十二指腸がんの場合は、発生した部位によって現れる症状が異なることを念頭においておく必要がある。実際の診断は内視鏡検査を用い、組織を採取して診断、確定する。治療方法についてであるが、早期の場合は手術による切除が原則になる。非常に早期に発見された場合は、内視鏡による粘膜除去手術での対応が可能だ。進行している場合は抗がん剤治療が用いられることになる。

早期発見と治療開始が重要

十二指腸がんも他のがんと同様、早期の発見と治療が重要であり、予後の過ごし方や生存率にも大きく関わってくる。十二指腸がん自体がまれががんであることに加え、早期段階での自覚症状が強くないことと、日常生活でも感じる症状であるためから発見が遅れるケースがあるのだ。ゆえに、自覚症状が頻繁にある場合などは、早めに医療機関を受診し医師に相談、検査を受けることが大切だ。また、定期検診を受けることも早期発見には大切な取り組みであろう。十二指腸がんは進行が早いので、対処を先送りにしないことが何よりも必要になる。実際に手術を受けた後は食事についても今まで以上に気をつけるようにしよう。十二指腸は消化管であるため、術後にかかる負担については細心の注意を払うことが大切だ。消化しやすいように、良く加熱し細かく刻んだ食事を分量に気をつけながら少量ずつ食べることが必要だ。